オーバークロックは描画系の環境変化の指標になる

  Posted in 未分類 on

  by admin1

オーバークロックしてるからであって、普通に使えば爆熱でもないけどな。マザーボードの関係なら仕方ないか。厳正なる抽選の結果当選してしまったから財布をオーバークロックせざるを得ない。モンエナでオーバークロックした反動が少しキテる。3DMarkのリザルトURLをファボっておこうそうしよう。今後描画系の環境が変わったときの指標になるはず。とりあえずオーバークロック状態でもまったく問題ないっぽいな。あとはオススメを長時間プレイしても問題なければOKかな。艦これのイベント開始日(メンテ時間)以来のWindows10アップグレード実験。なにも変わらないと思うけど、オーバークロック辞めて、定格に戻したくらいだけど、やることないから走らせてみる。kはオーバークロックの意味だったのかなるほどなるほど。gtxなんとかの方の数字も教えてもらおう。

とりあえずやったことと言えばゲームブースターとeブースターの追加とPCの設定とグラボの設定と回線の設定とレジストリの書き換えとオーバークロックと蔵厳選くらいだ。オーバークロックしてるとか言ってたけど何のことだかさっぱりわからない。CPUやGPUはオーバークロックずっとしててかなりダメージあるかもしれないしマザボもコンデンサが逝きかけてて1週間後いきなり逝ってCPUやSSD巻き込んで死ぬかもしれない。i7 6700kは使いたいけれど、耐久性が欲しいだけでオーバークロックはしないから、チップセットはH170ので十分か。カスタムOS入れて、オーバークロックして、なんとかPSPのエミュ動かした。超カクカク。GPUに負荷がかかって発熱による強制ダウンクロックがかかると、AFTERBUNERで設定したコアクロックの設定が無視されるようになるっぽいかな。やっぱソフトウェアでやるカジュアルなオーバークロックはここらへんが限界ぽい。