PCの排熱効率を上げる

  Posted in 未分類 on

  by admin1

大分暖かい日が続き、PCも熱暴走を起こす季節が近づいてきました。
どうしても寒い冬になってしまうと、夏のPCがどれだけ唸りをあげていたかを忘れてしまいがちです。評判の良いゲーム用パソコンなら空冷の設計がしっかりしていますが、カスタマイズなどで冷却効果を向上させることは大切です。
暑い夏は、人もPCも悲鳴を上げてしまいがちなので、できるだけPCがフリーズして、データが消える、保存ができないなどで悲鳴をあげることは避けたいです。
そこで、PCの排熱効率をあげる処置をいくつか挙げてみます。

外付け排熱ファンの設置

ノートPCであれば、ノートPC下に設置する外付けのファンを設置、デスクトップPCでも外付け空冷ファンや水冷ファンを取り付けるのが良いです。部屋自体が熱いと空冷でも水冷でも冷却効果が低くなるので、冷房なので部屋の温度を下げることも重要です。

PCの掃除を行う

ファンや吸気口および排気口の掃除をしっかりして、排熱効率をあげましょう、ホコリは下手すればトラッキングによる火事の原因などになります。

CPUに放熱グリスを塗布

CPUに放熱グリスを塗ります、1年に一回塗りなおすと良いでしょう。

PCケースを排熱効率の良いものにする

天板に排気口のある、煙突効果のあるものに変更し、水冷ファン設置タイプやより排熱効率の良いものに変更すると良いでしょう。

物理的に冷やす

扇風機、一番はエアコンの冷風で部屋ごと冷やすのが一番です、やはり部屋が暑いと、いくら排気しても暑い空気がまわっていたら忌みがありません。
お金のかかるものも多いので、まずは地道にPCケースの清掃からはじめてみてはいかがでしょうか?年末も大掃除をしますが、PCケースの大掃除は忘れがちなので、梅雨前に実施してみてはいかがでしょう。